トップ

酵素ドリンクで美肌に

便秘と肌荒れの関係とは

便秘は肌荒れを引き起こす大きな原因

便秘が続いている時に、顔にニキビや吹き出物ができるなどの肌荒れが起こるという経験をされたことのある方は少なくないはずです。もちろん肌荒れの原因は便秘だけではありません。食習慣の乱れや睡眠不足、ストレス、乾燥しやすい環境などさまざまです。

しかし、便秘と肌荒れには深い関係があります。便秘が続くとなぜ肌荒れが起こるのか、そのメカニズムをご説明いたします。

・便秘で出口を失った有害物質が行き着く場所とは?

便は取り入れた食物から必要な栄養素を吸収したあとの不用になった老廃物です。滞ることなくそのまま体外に排出されれば何も問題はありませんが、便秘で体内に滞留することとなった便は発酵し、有害物質を発生させます。

この物質は便として排出される出口を塞がれてしまっていますから、腸壁より血液へと流れ出し出口を探します。そして行き着くのが皮膚です。有害物質は汗や皮脂となり外へ排出されます。この排出にエネルギーを取られて、肌の機能は低下し肌荒れを起こしてしまうというわけです。

・便秘は腸内環境を悪化させ、さらに自律神経の働きを弱めてしまう!

便秘のために便が体内に滞留されてしまうと、腸内の悪玉菌が増える原因となり、悪玉菌優勢の腸内環境となってしまいます。腸内環境は自律神経の働きと深い関わりがありますから、悪化すると自律神経の働きは弱まってしまいます。

自律神経は肌を生まれ変わらせる新陳代謝を司っています。そのためこの働きが弱まると新陳代謝も上手くいかなくなり、剥がれ落ちず皮膚に残った古い角質は毛穴を塞ぎ肌荒れの原因となります。

このように便秘と肌荒れには深い関わりがあります。日頃から便秘予防の為にバランスの良い食事や適度な運動を心がけて、便秘、腸内環境の悪化、肌荒れの悪循環に陥らないことが大切です。