• トップ

制約の厳しい賃貸

賃貸でもできるDIY

賃貸のDIYに適したキッチン

制約の厳しい賃貸でDIYをするなら、キッチンがぴったりです。既製品を使うよりも、自分で作ったものの方が愛着が湧きますよね。しかし、今住んでいる住居が持ち家で無いのなら、なんでも好き勝手にするわけにはいきません。いずれ来る引き払いの時に高額の補修費を請求される恐れがあります。そこでオススメなのが、キッチンにダメージが少ないDIYをするという方法です。例えば、後々はがしやすいようなタイル張りをして一気に雰囲気を変えたり、突っ張り棒などを活用して賃貸物件に傷をつけたり穴を開けることなく、より機能的にしたりという方法があります。

DIYで気をつけること

賃貸でDIYをする際にはいくつか注意すべきことがあります。まず、原状回復が可能なように行うことが大切です。壁や床などに傷をつけてしまったり、元に戻すのに工事や修理が必要な状態にしてしまうと、退去時に高額の修理費用を負担することになってしまうことも考えられます。また、賃貸では工具を使う際の騒音が問題になることもあるので、注意が必要です。実際に工具を使う作業などは、ホームセンターなどのレンタルスペースで行うのもいいかもしれません。大規模な変更を加える際には、大家さんに確認をとることが得策かもしれません。

新着情報

↑PAGE TOP