賃貸で作る自分の空間

DIY可能な賃貸で暮らす

賃貸でもオシャレにDIY

賃貸物件とはいえ、できれば自分だけのお気に入りの空間にカスタマイズしたいと思っている人は少なくありません。そんなニーズを叶えてくれるのが、DIYができる賃貸物件です。このタイプの物件は、築年数が古いものや壁紙や床などが傷んだ状態のままで貸し出されることが多いのですが、そのかわり自由に改装しても良く、かつ賃料もお手頃という場合が多いです。壁紙、床、照明、窓枠などあらゆる設備を思いっきり自分好みのオシャレな空間にDIYできるので、人気があるお部屋といえます。このような改装可能な物件のみを扱うサイトもあるので、そういったところを重点的に探してみるとよいでしょう。

住宅でも壁紙を変えられる

賃貸住宅は、貸す側と借りる側で契約を結び、借りる側が家賃を支払いながら生活を行う住宅のことを言います。入居中の部屋は、借りる側の自由に使用することが出来ますが、契約が切れて部屋を退去する場合は、入居時の状態に戻さなくてはなりません。ここでは、DIYで出来る部屋の雰囲気を変える方法についてご紹介したいと思います。賃貸住宅は、オーソドックスな白やアイボリー系の壁紙のところが多いので、壁紙を変えてみましょう。ホームセンターで、下地処理を行わずに現在の壁紙の上に貼れるものが販売されています。退去時には簡単に剥がすことができるため、最適と言えます。壁の一面のみに貼るだけでも、雰囲気がガラッと変わり空間を楽しむことが出来ます。

↑PAGE TOP